So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
サイクリング ブログトップ

真壁のひなまつり [サイクリング]

 2月中にしては、暖か過ぎる春の陽気に誘われて、桜川市真壁のひなまつりをみてきた。自転車でのツーリングで、走行距離は86.87キロ、消費カロリー899.2Kカロリーであった。ちょうど家から2時間かかった。
 真壁は、江戸時代から明治・大正にかけて、この地方の文化・産業の中心地として栄え、隆盛を誇った見世蔵・土蔵・門などが、歴史ある町割りと共に息づいている。国の登録有形文化財制度を活用し、104棟の登録を受けている。そして毎年この時期、家にあるひなまつりを飾り、一般公開している。

和の風第8章 真壁のひなまつり
平成22年2月4日から平成22年3月3日


真壁のひなまつり

 昨年の秋に、これらの建物を見て歩いたときは、ほとんど歩いている人を見かけなかったが、今回は多くの観賞客で賑わっていた。土・日ではもっとすごいのであろう。

真壁のひなまつり
真壁のひなまつり
地域の町おこしの一環としてはじめられたようだ。おもしろいのは、商店はもちろんであるが、一般の家でも公開して見せてくれているところにある。

真壁のひなまつり
真壁のひなまつり
真壁のひなまつり

再開発されずに、道路の幅も道筋も残っていて、大変貴重な町並みであった。
町おこしというと、必ずインフラ整備と称して、路面を見栄えの良いものにしたり、街灯を新しくしたり、電柱の地中化などをしている駅前商店街をたくさんみるが、どこも繁栄していない。集客をはかるソフトがなにもないからである。
 帰りの道すがら、結城駅前に少し立ち寄った。夕方6時過ぎで、歩道も広い立派な道路が駅から伸びていたが、歩道を歩いている人は誰もいない。お店も閉店済みなのか、シャッター通りなのか、よくわからなかった。歩いてみて発見したのは、この街でも、ひな人形の一般公開をやっているようであった。まったく知らなかった。
結城のひなまつり
SA351068.JPG

あたたかくなったら、古い街並みを求めてサイクリングだ。近くにまだたくさんある。





サイクリング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。