So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ウオーキング ブログトップ

「歩くこと」は脂肪を燃焼させる有酸素運動。老化防止にも役立つ「ウォーキング」のすすめ(1) [ウオーキング]

「歩くこと」は脂肪を燃焼させる有酸素運動。老化防止にも役立つ「ウォーキング」のすすめ(1)
週刊文春 掲載日時 2011年07月15日 12時00分|掲載号 2011年7月21日 特大号

 「ウォーキング」の効用について実によくまとまった記事であるので全文掲載だ。暑くても汗をかいて歩くのだ。ここで汗をかけないようであれば、熱中症にかかりやすい体になっていると、思ってもいい。

******************************************************************************************************************
 まずは1日1万歩目標

 震災以来「帰宅困難者徒歩支援マップ」を非常持ち出し袋に入れ、ウオーキングで体力をつけている人が増えている。誰にでも手軽にでき、生活習慣病予防効果もあるというのだから、これはすぐやるべしだ!

 「医者は病気をしないもの」
 そう高をくくっていた生命科学振興会理事長で医師の渡邊昌さん(70)は、重い糖尿病と診断された。そのとき、渡邊先生は薬を使わずに、食事と運動で血糖値をコントロールすることにした。いままでの生活習慣を見直し、まずは1日1万歩を目標にして歩くことを決めた。

 多忙な医師ゆえ、歩く時間を確保するのはたいへん。通勤を車から電車と徒歩に代え、病院の最寄り駅から一つ手前の駅で降りて一駅間を歩くようにした。駅や職場のエスカレーターやエレベーターを使わず、すべて階段を利用した。昼休みも散歩に出かける。
 食事のカロリー制限なども同時に続けた結果、血糖値は1カ月から2カ月後には下がりはじめ、9カ月後には正常に戻った。

 ウオーキングのような適度な運動は、インスリンの働きを改善する。また、血中のブドウ糖を燃焼させ血糖値を下げるため、糖尿病の予防、改善に効果がある。ただし、糖尿病の人は低血糖にも注意が必要。長時間しっかりウオーキングする場合には、糖分をすぐに補給できる飴やチョコレートを携帯することをおすすめする。

 渡邊先生は「体重も1年間で13キロも落とすことができた。肥満が解消したため、高脂血症、脂肪肝の心配もなくなった。歩くことによる効果は予想以上だった」という。

 ウオーキングは、脂肪を燃焼させる有酸素運動である。よく20分歩き続けないと脂肪は燃焼しない、と言われるがそれは誤解によるもの。20分たたないと脂肪が燃焼しないわけではなく、初めはエネルギー源としての糖質の方が使われる率が多く、20分後辺りから両者の割合が逆転するという意味なのだ。

 脂肪は血液にのって体内のあちこちに運ばれ、各所に溜まっていく。内臓の周りに蓄積されるのが内臓脂肪で、皮膚の下に蓄積されるのが皮下脂肪だ。
 メタボリックシンドロームに関係しているのが内臓脂肪。内臓には毛細血管が多く血行がよいため、内臓脂肪がつきやすい。そのかわり、皮下脂肪より落としやすい。

 「内臓脂肪は、歩くくらいで減るものだろうか」

 そう疑問に思う人もいるだろうが、35歳のサラリーマンKさんは内臓脂肪をウオーキングで大幅に落としたという。しかし、見た目の体型は変わらない。体重も89キロ台で、以前とほとんど変化していない。体脂肪計に乗っても皮下脂肪率は同じだった。

 ところが、体内では大きな変化が起きていた。それは次のようなことが要因と専門家は指摘する。
 ウオーキングで体内に起きる変化は
(1)善玉コレステロールが増加して血管をきれいにし、動脈硬化を防ぐ。
(2)血圧が低下して安定する。
(3)動脈、毛細血管が太くなり血液量が増える、など血管の正常化につながる。
 もちろん心肺機能はアップするし、心臓の負担も軽減するという。
**********************************************************************************************************
続いて(2)も掲載
**********************************************************************************************************
 体以上に「心」もヘルシー

 また、ウオーキングは体全身を使うため腰痛、肩コリにも有効だ。ウオーキングは筋肉全体の3分の2が集中する下半身を有効に使いながら、腹筋、背筋を鍛えることができる全身運動なので、腰痛や首、肩の筋肉の血流を改善し、コリを解消するというわけだ。

 さらに、脳への血流を促すことから、頭痛解消にも効果がある。
 一般的な頭痛は、脳細胞に新鮮な酸素が十分に送り込まれないことで起こる。いってみれば、脳が酸欠状態になっているのだ。ウオーキングで呼吸量が増えれば、新鮮な酸素と栄養が血流にのって全身に運ばれるので脳も活性化する。悩み、アイデアに詰まったときに歩くと気分転換ができ、目や耳に新たな情報が入って脳を刺激し、いい考えが浮かんだりするわけだ。

 元オリンピック選手の荻原健司・次晴兄弟、勅使川原郁恵さんがリーダーの『R9(あるく)プロジェクト』というクラブをご存じだろうか。ウオーキングキャスターとしても活躍しているテッシーこと勅使川原さんは「ウオーキングは体への影響以上に、心もヘルシーになります。軽いうつの人が元気になった例はたくさんあります」という。

 歩くコースなど、最初は各自の方法でやっていいのだが、目的別にいろいろなウオーキング法がある。
 健康と地球環境を意識したライフスタイルをロハスといい、自然に接しながら規則正しい生活をめざす“ロハス・ウオーキング”、ただ歩くのではなく、歩く動作に工夫をほどこして筋肉に負荷をかけて基礎代謝をあげる“エクササイズウオーキング”、腕の動きを大きくした“パワーウオーキング”など、自分にあった歩き方ができるのだ。

 『R9プロジェクト』では、タレントとともに楽しく歩くイベントを行っている。参加したルー大柴は「体を動かすことは、すごくフレッシュ。体で覚えるということは、理屈ではない。まずは歩いてみよう。これがいちばんインポータント」とコメントしている。

 ところで、歩き方には個性が出やすいが、正しいフォームで歩くとより効果が出やすい。
(1)つま先は常に進行方向を向いていること。
(2)一歩一歩かかとから着地することを意識してつま先をピンと上げる。
(3)足裏全体をしっかり使って歩く。
(4)手は軽く握り、親指が軽く上にのっていること。
(5)肘を約90度に曲げ、腕を体の脇でしっかりと前後に振って歩く。

 労働科学研究所の斉藤一博士の調査によると、ヒトの体をヘソから上下に分け、それぞれの筋力を測定した結果、腰から上、すなわち背筋力、腕力は60代になっても20代当時の70%の力を保っていたのに対して、腰から下、つまり脚力は40%の力しかないことがわかった。

 足を鍛えることは、老化を防ぐことにもなるのだ。さあ、レッツ・ウオーク!
*********************************************************************************************************

まだまだ楽しめる花まつりがある! [ウオーキング]

 下野の里の姿川(すがたがわ)沿いに国分寺跡と国分尼寺跡があり、その周辺が天平の丘公園となり、毎年花まつりが開かれている。今年は天候不順のためか、開花のトリを飾る八重桜は見ごろとなる。いつもより遅れているため連休中でも楽しめそう。

 第31回天平の花まつり開催

 姿川沿いにはサイクリングロードが完備され、川堤の菜の花も楽しめる。今年は天平の丘公園からすこし離れた姿川アメニティパークの桜並木をみることができ、そこから壬生のしののめ花まつりが開催された東雲公園も近い。こちらはそめい吉野の桜であるから、今は葉桜となっている。

姿川アメニティSA351128.JPG

姿川アメニティSA351133.JPG

 ちなみに4月17日にはJR東日本主催の「駅からハイキング」で天平の花まつりコースが実施されたが、このときは残念ながら、八重桜は蕾のままであった。

姿川堤SA351162-1.jpg

姿川SA351171.JPG

 

旧街道歩きの勧め [ウオーキング]

旧道の痕跡標識 
最近、街道を歩くことがひそかなブームになっている。家の近くに日光街道と呼ばれる国道4号がある。この道路の狭い歩道を一人ないし二人ずれで黙々と歩き続ける人々を見かけるのである。さすがに日光街道歩きでは、アピールするものを見いだせないのかツアーの商品化が難かしいのか、団体さんは見かけない。しかしながら中仙道では、昔ながらの宿場町の街並みを売り物にした観光地があることは確かである。しかし、お仕着せではない自分で新たな発見を探したい方には、適している旅の一つではないだろうか。
 さて、日光街道に話を戻す。街道歩きのスター街道は東海道である。本屋さんには、たくさんの道中情報、道中案内、踏破記録等の書籍であふれている。東海道はほとんど歩いたことがないので、わからないが、案内板や説明用の標識などが整備されているのだろうか。というのも、ターゲットにしている、日光街道、例幣使街道、奥州街道に関する情報、書籍類は少ないのである。頼りになる情報源はインターネットでの体験記である。また、日光道の途中を少し歩いてみたが、案内板、標識の類は少ない。ちなみに小山市内では皆無である。個人的は、「開運評定」よりこちらもアピールして欲しい。

 日光山への参詣道として、古来より様々な道筋が存在していたようである。公に整備され始めたのは江戸時代の東照宮の造営、参詣に関わるものである。東照宮が完成すると、徳川家最大の廟所として、将軍をはじめ諸大名や武家、公家、さらに庶民まで参詣したので、日光への往来は盛んになり、ここに幕府の政策とも相まって日光参詣をめざす街道は多く開かれた。

 ところで、現在の日光街道と江戸時代の日光街道は同じ道筋であろうか。現在の国道4号では、栃木県内に限れば野木から宇都宮までの道筋は三島通庸が決めた経緯もあり、この部分では、旧日光街道を踏襲している部分もあり、直線化を図ったのか少し離れたところに道筋が作られたため、忠実には反映していないのである。部分的に現在においても、生活道路のような小道として現存している道もあるが、地図上から消滅してしまった道筋もあるのである。

 さて先日、旧千住宿から旧草加宿の旧道を歩いてきました。北千住駅の西口より宿場町商店街を北へ。なかなか人通りの多い商店街で、街灯には昔の日光街道の各宿場の絵図が飾られていた。ここが宿場であったことを主張しているようだ。200メートルほど歩くと、千住ほんちょう公園。また、2、3件の古い家並みが残り、絵馬屋さん、だんごやさんがあり少しだけ名残が残っていた。この道をまっすぐ行くと荒川の土手にぶつかる。長い新橋大橋を渡り、土手の下までおり、川に沿って西方にあるく。善立寺が角にある川田橋交差点を右への道が旧道で現存している。
川田橋交差点(旧道入口)
歩道付きの2車線の立派な道路である。途中に子育て地蔵があった。子連れの若い母親がお参りしていた。ほどなく、東武伊勢崎線の梅島駅を左に見ながら通り抜ける。まもなく、環状7号線と交わる島根交差点を過ぎる。旧道のなごりはなにも見いだせず、しだいに細い道となり、足立清掃工場の前を抜けると草加バイパスに出くわした。旧道はその道をさらにまっすぐに歩道もない道を行くと、県道49号線に出る。この道が旧道の道筋である。この道を左折して草加方面に向かう。
県道49号線埼玉県へ
少し行くと埼玉県に入り、谷塚駅近くの瀬埼町歩道橋のところに「浅間神社」があった。またこのあたりよりせんべい屋さんが何軒か目にするようになる。さらに進んでゆくと斜め左へ向かう道に遭遇。この道が旧道であるから歩道もない車が行き交う道を進む。この通りにも2、3軒であるが昔の商家の蔵が残る。市役所を過ぎ駅前通りにでる。本日はこれまで。左の草加駅に向かう。約2時間のウオーキングでした。続きは後ほど。
 

シルバーウィークで思ったこと [ウオーキング]

世の中は、先週を「シルバーウィーク」と名付けて、テレビ・ラジオでは連日、高速道路の渋滞情報をアナウンスしてました。

 何故そんなに休日になると、遠くへ行きたがるのだろう。人がたくさん集まる場所にゆことで、何か連帯感や安心感を感じるのだろうか。

 車社会の弊害は、地球温暖化などの環境問題もあるが、足を使わないことによる老化の早期化ではないだろうか。人間が人生の末期に近づくと、歩けなくなり、最後は寝たきりになる。筋肉は毎日動かさないと、あっというまに衰える。これは年齢に関係なく、逆に筋肉を使い続けると年齢に関係なく太くなるそうである。
 車に乗っても、1日一万歩は、年齢に関係なく最低限の健康維持法であると思う。

イチローも毎日のルーチーンは同じだそうですから、毎日継続することが肝要。
それにしても、イチローの家の中に筋力維持トレーニング器具がたくさんあるのには、ビックリ。練習も誰よりも早くからきて毎日行い、休日も練習しているのは有名な話ですよね。
 今日の試合で、プロ生活はじめて、退場処分をくらったようですが、たまには自己主張をぶつけて、ストレス解消してもいいのではないかと思う。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ウオーキング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。