So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

官邸前、再稼働反対、反原発に「人の波」、毎週金曜日夕方よりの恒例のデモ [原発廃絶]

大飯再稼働:ネットで集結「反対」…官邸前に人の波

 東京・永田町の首相官邸前で毎週金曜日の夕方行われている大飯原発3、4号機再稼働への抗議行動が29日、一気に拡大し、人の波が官邸前から霞ヶ関への車道を埋め尽くした。警察の機動隊も出勤し、警戒に当たった。Twitter、facebookでの呼びかけなどで集まった人々は組織化されておらず、デモ行進はなし。官邸前でひたすら「再稼働反対」と叫ぶのが特徴だ。なぜ、これほど多くが集まるのか-。騒然とする官邸周辺を歩いた。

 人が集まり始めたのは午後4時ごろ。「再稼働に断固反対」と書かれたプラカードを手にしている人がいれば、帰宅途中の会社員や手ぶらの家族連れもいる。

 埼玉県蓮田市の会社員Tさん(38)は、さいたま市の勤務先からスーツ姿で訪れた。参加はこの日が初めて。「集会やデモにでたことはないが、もう無関心ではいられないと思って。政治色もなさそうだったので抵抗感はありませんでした」という。

 「再稼働反対、再稼働反対」。同6時になると人々が官邸に向かって叫び始め、一帯はヒートアップ。6~15歳の子供3人と初参加した静岡県袋井市の主婦Nさん(44)は、「平和的に抗議していることをネットで知り、子供を連れてきた。参加者は『普通に生きたい、家庭を守りたい』という思いだけ。自分も一緒」。

 抗議は有志の市民ネットワーク「首都圏反原発連合」が呼びかけた。4月3日の原発再稼働を巡る1回目の閣僚会合を前に「直接抗議の声を上げよう」と行動を起こした。当初の参加者は約300人。参加者が思い思いにチラシなどを作るなどしたこともあって情報が広がった。再稼働決定前日の6月15日、主催者発表で参加者が1万人を超えると、インターネット上で更に話題を呼んだ。

 午後7時過ぎ、参加者は歩道からあふれた。反原発と無関係な主張を掲げる横断幕やのぼりは見えない。主催者の一人でイラストレーターのミサオ・レッドウルフさん(ペンネーム)によると、従来のデモや集会のような雰囲気を一掃し、誰でも参加できる器づくりに徹しているという。

 警察車両も出動し、午後8時までの予定だった行動は同7時45分には打ち切りに。明治学院大1年の女子大生Sさん(18)は「これだけの人が動くなんて」と感心していた。

 主催者は参加者を15万人規模としているが、警視庁は実際とかけ離れた大きい数字で、混乱するとして発表していない。【町田結子、池田知宏】

以上、2012年6月30日の毎日新聞 朝刊の記事より。

 政府と称する政治屋と行政を担う官僚どもは消費税アップに、いかに国民を騙すか、また党利党略を裏で考え次の選挙への影響だけを考えてる。反原発の国民の声は、いかなる政治結社も主導していなければ、それは無視する対象らしい。

 重大な政治的な決定は、既存利益集団を慮って、民主的な決定プロセスは無視して突き進む。非常に危険な前兆である。政治屋の数の論理で、政策決定できるのは、国民に約束した公約だけのはず。公約、マニュフェスト以外の決定は、国民に判断をゆだねることが、議会制民主主義のルールではないだろうか。原発再稼働も、消費税率アップも法律制定前に解散して、信を問うべきである。


福島原発1号機地下で毎時1万300ミリシーベルト [原発事故]

人が近づけない場所の除染作業はどのようにするのだろう。近未来の事故への壮大な実験場となりつつある福島第一原発。


福島第一1号機、建屋内で過去最大の線量計測 [放射能汚染]

重大な汚染現状の読売新聞記事を全文掲載する。

2012年6月27日(水)23時3分配信 読売新聞

 東京電力は27日、福島第一原子力発電所1号機の原子炉建屋地下で、建屋内では過去最大の放射線量となる毎時1万300ミリ・シーベルトを計測したと発表した。

 作業員の年間被曝(ひばく)限度である50ミリ・シーベルトにわずか約20秒で達し、約6分で嘔吐(おうと)などの急性症状が出る。廃炉に向け、建屋地下では汚染水の漏えい場所の特定や修復が必要だが、東電は「作業員が入れるレベルではなく、ロボットを使った難しい作業になる」と話す。

 計測は、配管が通る1階の貫通口から内視鏡と線量計を入れて実施。地下階には、格納容器下部の「圧力抑制室」があるが、カメラでは損傷は確認できなかった。汚染水の深さは約5メートルで、線量は地下階に入った段階で約30倍の毎時625ミリ・シーベルトにはね上がり、汚染水の水面近くで最高を記録した。2、3号機の建屋地下階の10倍以上の線量になる。東電は「1号機は炉心損傷が最も深刻で、放射性物質が地下に多く流れ込んだ」と分析する。

 冷温停止状態の現実は予断を許さない!



原子力ムラの利権を守るだけの大義なき原発再稼働に抗議するデモ、都内で続く [原発廃絶]

東京都内では23日、関西電力大飯原子力発電所の再稼働に反対する街頭デモが行われ、約500人の参加者がプラカードや横断幕を掲げて行進した。

都内では22日にも、首相官邸前で大規模な反原発デモが行われた。

20日に、東京電力から福島第一原発事故の最終報告書なるものが発表されたが、内容はいずれのマスコミもさすがにあまりの身勝手な報告、論理展開、自己保身(=東電組織の継続保身)のための自己弁護内容に呆れかえっている。全部で1221ページの内容を次の記事は次のように斬って捨てている。

東電「原発事故調査報告」津波が悪い!政府が悪い!避難住民関心ない!

東電の事故調査報告書の掲載ページは下記のところ。

東京電力:福島原子力事故調査報告書の公表について

このタイミングの発表の意図は、事故が起きても電力会社が対応すれば大した被害は出しません、今回混乱した不手際は、何もしらない政府筋が深く介入してきたからで、電力会社にませれば、現在の設備も地震にはビクともしない。すべては、想定外の津波が悪かった、という結論のようです。

しかし真相は依然ヤブの中。これど3つの調査組織から事故原因の調査報告書が発表されたが、真相は全くわからない。黒澤の映画に『羅生門』があるが、まるでこの映画のストーリー展開を見ているようだ。3者三様、事故原因に関する記述がそれぞれ違う。東電に当事者意識は皆無であるから、東電の調査報告は論外としても、政府の調査組織が真相を発表しないと、世界中の笑い者になる。また、原発再稼働は、民意を問うべく、衆議院解散しか政治解決はない。


原子力ムラの雇用優先⇒大飯原発再稼働、首相官邸前で大規模抗議デモ [原発廃絶]

東京・永田町の首相官邸前で22日、関西電力大飯原子力発電所の再稼働に反対する抗議デモが行われ、約2万人が参加した。

国内の原発は現在、全て運転を停止しているが、大飯原発3、4号機の再稼働により稼働原発ゼロの状態は終わりを迎える。

この国は再度、福島第一原発事故以上の事故が起きなないとダメらしいが、その時は避難対象者は3千万人を超えるだろうが、全員が救われるはずがない。そのときは誰も責任は取れない。自分の身は自分で守るしかない。もう、政治家、政党、官僚を非難しているヒマなどない。


原発事故知らず避難8割 国会事故調アンケート [原発事故]

原発事故知らず避難8割 国会事故調アンケート

河北新報 6月10日(日)6時10分配信

 あまりのいい加減さに言葉がでない。事故がおきても〝安全、体に影響ない〟などの虚言を弄して情報統制をおこなっていた政府、東電、経産省、保安院の〝大アホ〟ども。

 記事全文を掲載する。

福島第1原発事故で避難区域が設定された福島県双葉郡など12市町村の住民のうち、政府が昨年3月12日朝に10キロ圏の避難を指示する前、原発事故発生を知っていた住民は20%に満たないことが、国会事故調査委員会(黒川清委員長)のアンケートで9日分かった。

 多くの住民が地震と津波しか知らないまま突然避難指示を知り、浪江町などでは避難する前よりも放射線量の高い地域へ住民が避難してしまったことが裏付けられた。
 委員会は取りまとめ中の報告書で「東京電力が原発の冷却機能喪失を伝えてきた時点で、政府は事態の急速な悪化を想定した情報提供を行うべきで、危機管理の見直しが必要」との提言を行う。
 集計結果によると、3キロ圏の避難指示が出た11日午後9時23分時点で、第1原発がある大熊、双葉町で事故発生を知っていたのは住民の14%。20キロ圏の外にある川俣町や飯舘村では2~3%と低かった。範囲が10キロ圏に拡大した12日午前5時44分時点でも、認知度が比較的高かった大熊町民で21%、双葉町民の20%が知ったにすぎない。
 12日は夕方にかけて認知度が高まったが、20キロ圏に指示が出た12日午後6時25分時点でも、飯舘村は36%、川俣町は47%で、他地域の88~58%に比べ低かった。
 アンケートは、ことし3~4月に避難者2万1000世帯を無作為抽出して郵送で行い、1万633世帯の回答を得た。


野田首相、大飯原発の再稼働に国民の理解求める [原発廃絶]

〝言語明瞭、意味不明〟の野田くんが、またまた同じ轍を踏んでいる。〝国民の理解〟を求めるならば、国民投票をして、賛否をきめればいい。それであれば納得せざるをえないが、一方的にある業界の肩をもつだけの判断に批判が集まるのは目にみえている。そしてその後ろめたさがある証拠は、金曜日の夜ににこのような重大なハアぴょうしていること。ちょうどサッカーワールドカップの最終予選のヨルダン戦を戦っている真っ最中に記者会見とは、恐れ入った。このような重大な内容なら月曜日にやるべきだろう。

 そしてこの国は、次世代への先送り判断を、この原発事故に対しても行おうとしている。目の前の享楽のため、次々と重大な事象を次世代へ先送りするこの国は、破滅へまっしぐらのようだ。

 次回の国政選挙では、民主党員をゼロにしよう。


幼少時のCTスキャンで発がんリスク上昇、英国で18万人を追跡調査 [放射能汚染]

この記事の結論は、

〝CTスキャンを多数回にわたって受けた子どもは、後に血液がん、脳腫瘍、骨髄がんを発症するリスクが最大3倍になる可能性がある〟

安全な放射線基準などないのである。浴びればリスクは高まる。確かに誰かが言っていた、〝直ちに体には影響がでない〟のである。


パラリンピックを目指す女子陸上選手、「義足ヌード」カレンダーを発売 ロンドンへの旅費調達だ [トレンド]

実にたくましい企画だ。パラリンピックは国の代表でも旅費は自前で調達とは、経済大国の看板が悲しい。無駄な2、3か所潰せばそのくらいすぐに捻出できると思うのだが。


「金星の太陽面通過、世界各地で観測」は「大飯原発の再稼働へ」の方が重大だ! [自然]

見えたから、見えないからで何かが変わるのか。ほくろが移動するようにしか、テレビ映像を通してだが、見えないのだが。

こんなニュースよりも内閣の〝責任〟で、首相の〝責任〟で再稼働を政治決断。彼らは、〝責任〟の意味を取り違えている。責任の取りようがない事態が発生しようとしているのに、この〝言葉遊び〟は止めてほしい。さて、各電力会社の株主総会が注目されてきた。ここで脱原発への方向転換をしないなら、民営会社として存続はさせない方がいい。全部国有化でいいのではないのか。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。