So-net無料ブログ作成

【南アW杯】海外開催地で初勝利、カメルーンに1-0で勝点3! [サッカー]

 2010年サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)1次リーグE組、日本対カメルーン。日本は1-0で勝利し、初戦を白星で飾った。

 日本は前半39分、右サイドの松井大輔(Daisuke Matsui)が挙げた左足のクロスを、13日に24歳の誕生日を迎えた本田圭佑(Keisuke Honda)が決めて先制。後半はカメルーンの攻撃をしのいで逃げ切った。

 日本は前半のワン・チャンスを得点に結びつけた。これでやっとカメルーンが御目覚め。それ以後は怒濤の攻撃を受け防戦一方であったが、これまでの75分過ぎからのスタミナ切れの時間帯を何とかしのぎ、W杯での海外初勝利を飾った。
 これで第3戦のデンマーク戦まで決勝トーナメント進出の話題で盛り上げることができるので、スポーツ関係のマスコミはほっと胸をなでおろしているだろう。
 次戦は19日にオランダとの対戦である。初戦の疲労回復の度合いがカギのような気がする。



 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。