So-net無料ブログ作成

おごる自民、久しからず! [祀事]

自民党の暴走が目立ち過ぎ、もう我慢ならない。

自称「学級委員内閣」と命名していた安倍内閣は、もう命運が尽きたようだ。

先の全員一致の憲法学者の「違憲判断」と今日の「言論弾圧」発言には、

「お前ら何様のつもりだ!」

「税金で賄われている身分をわきまえろ!」


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【祝】「ミスタープロ野球」長島茂雄氏と「ゴジラ」松井秀喜氏に国民栄誉賞 [祀事]

長島氏の受賞には、「遅すぎた」「当然だ」という評価意見に比べて、松井秀喜氏には、「松井以上の実績を持つ選手がたくさんいる」、「プロ野球の殿堂入りもしていない」、はては「ワールドベースボールクラシック(WBC)への出場辞退は〝非国民〟だ」という暴論も出ていると聞く。しかし、この賞の本質を考えてみれば、おのずと答えは明らかだ。

政治家が選ぶ賞である。実績もさることながら話題性につきる。松井秀喜の場合、プロ野球時代の10年間とメジャーリーグでの10年間の数字を単純に合算しても何の意味もない。日米通算の数字などあくまで参考数字。単純に数字だけで言えば、諸先輩に遠く及ばないが、数字以外ところが評価されたののは間違いない。

米国で、強烈な印象を残した選手は、イチローだろうか松井秀喜だろうか。ニューヨークのファンに強烈なインパクトを残した日本人選手は間違いなく松井秀喜である。おそらくここ10年の日本の総理大臣の名前よりも松井秀喜のほうが著名な日本人であろう。そして、ただ単にプレーでの記録だけでなく、その選手としての生き様、記者会見での真摯な対応が、1日本人選手としての価値よりも日本人全般への価値を高めてくれた貢献によるもと思う。これに関連して日本経済新聞は、異例のコメントを発表していた。

松井秀喜氏は、過去10年における日米を繋ぐ最高の外交官であった、と記事は結んでいた。野球に詳しくない大局的見方の評価は、彼は最高であったのだ。いまでもヤンキースがワールドシリーズチャンピオンになった最後のシリーズMVP受賞者である松井秀喜への称賛の声は絶えない。ちなみに、日本シリーズ、ワールドシリーズの両シリーズMVP受賞者は松井秀喜が唯一である。記録面でもいささかも劣るものではない。

政治家が選ぶ基準をよく考えて議論を進めないと、つまらない議論になってしまう。

このタイミングで言えば、松井秀喜氏が選ばれて何も不思議なことではない。


小沢元代表に当然の無罪判決、東京地裁 [祀事]

元々がこのような大騒ぎをするような事件でもなんでもないものを、なにがなんでも小沢氏を政治的に抹殺を謀ろうとしたした勢力が、ある一定の目的を果たした結果にすぎない。予定外であったのは、検察の不祥事であって、これがなければ有罪の筋書き通りの〝国策捜査〟の完結を迎えていたに過ぎない。

この国は、小悪は躍起になって、権力当局、マスゴミたちが一斉に、一歩的なキャンペーンを張る。いかにあやしい情報統制であったか、今回の事件についてもよーく調べる必要がある。ある新聞社は、無罪を予想してガラリと論調を変えた。マスコミの論調など、絶対に信用してはいけない。

そして、現在の大悪である、東京電力福島第一原発による放射能大量(=広島原発の100倍以上)ばらまき事件に対して、誰も刑事事件に問われないこの国法体系は絶対におかしい。

小悪を裁く法律は整備するが、大企業、政府、官僚が引き起こす〝大罪〟を告発する法律を整備しようとはしないのである。

原発再稼働をさせないと日本国の集団自殺だと、のたもうた政治屋がいたが、何ら具体的な安全対策、東電原発事故に対する謙虚な教訓を生かさないままの原発再稼働は、間違いなくこの国を破滅へと導く。


小沢被告、資金4億円で生々しい証言「自分で包んだ」 4億円はタンス預金! [祀事]

小沢被告、資金4億円で生々しい証言「自分で包んだ」

検察がかたずをのんで首を長くして待っていた法廷の場での小沢の証言だ。この場でウソを言えば、政治生命はなくなる。一連の小沢問題は、これが目的であったから、いまのところ目的を達成しつつある。はっきりいって、小沢の政治的役割はとっくに終焉している。あの東日本大震災で何をしたかが彼の政治生命を左右しているのである。結論をいえば、何もしなかった。そのしっぺ返しは次回の総選挙で突き付けられるだろう。そうなれば、この陸山会の政治資金の記入ミス問題など、どこかに吹き飛んでうやむやのまま結審の可能性が大とみた。


小沢元代表、前原氏不支持へ…民主代表選 [祀事]

小沢元代表、前原氏不支持へ…民主代表選
読売新聞 8月26日(金)3時5分配信

 問題は、小沢氏がどの程度の影響力を有しているのか、ということと前原氏がどの程度までグループ外の支持を集められるかにかかっている。民主党の分裂含みのなか、突然、調整者が現れ、話し合いで選出という線も捨てきれない。今日から3日間の権力闘争は熾烈を極めるが、ある週刊誌に載っていた、海江田党首、亀井首相という線もあながち夢物語ではないだろう。

*******************************************************************************************************************

 菅首相の後継を決める民主党代表選で、小沢一郎元代表は25日、立候補を表明した前原誠司前外相(49)を支持しない方針を固めた。

 元代表は同日、国会内で鳩山前首相と会談し、2009年衆院選の政権公約(マニフェスト)の理念を重視する候補を支持する考えで一致した。主流派では最も大きいグループ(約60人)を率いる前原氏と、党内最大グループ(約120人)を率いる非主流派の元代表が対立する構図となり、27日告示の代表選は激しい戦いになる見通しだ。

 小沢元代表は25日、国会内で小沢グループ幹部と協議し、前原氏が新代表に就任しても人事面などで「脱小沢」路線を取る可能性が高いとして、代表選では前原氏以外を推すことを確認した。この後の鳩山氏との会談では、「政権公約に基づく政治主導という原点回帰か、菅政権の継続かの戦いになる。原点回帰の力を結集できる環境を作っていこう」と申し合わせた。

最終更新:8月26日(金)3時5分

******************************************************************************************************************
以上転載終了。

細野原発事故相:原発の再稼働容認の考え示す 安全確認で 民主党政権では原発を止められない! [祀事]

細野原発事故相:原発の再稼働容認の考え示す 安全確認で毎日新聞 2011年8月9日 2時30分

 はじめから出来ない理由だけを述べている連中には、何もできない。安全確認などと生ぬるいことをいって再稼働を容認するとは、唯の原子力ムラの提灯持ちの発言にはガッカリした。

 こうなったら検査停止中の原発の再稼働を認めない戦略で事実上の原発停止を実現するしかない。言葉だけに安全対策など聞きあきた。再度大事故が起きないとこの国為政者は目覚めないのだろうか、いや永久に目覚めないのだろう。誰かがいいいていたが、国会議員全員クビにするしか方法がないのかもしれない。

<菅首相>脱原発「私の考え」 与野党から異論で私的見解に [祀事]

<菅首相>脱原発「私の考え」 与野党から異論で私的見解に
毎日新聞 7月15日(金)23時20分配信

 なんともしまらない議論の推移となった。大マスコミが〝ウラ〟をとらず、大報道した結果が〝私的見解〟で収まるとは、一体この国の政治家、一国の首相の発言の重みがまるで感じられないお粗末な成り行きとなった。
 予想はされていた。本人はどう思うと、退陣表明をしている〝死に体〟内閣が何を言っても官僚も耳を貸さない。新たな政策決定など現実にはできない状況となっているのである。それをできるかのように報道してきた大マスコミは一体、何なんだろう。
 筆者は一連の管首相の〝脱原発〟発言報道は無視してきた。あまりにもの唐突感が否めないからで、ただ単なる政治的アドバルーンで、すぐにしぼむと思っていた。案の定、この動きとなってきた。〝脱原発〟など、管内閣では無理である。早期退陣を実現しないと、何も進まない政治的状況であると思う。

【松本復興相辞任】「完(菅)無視」菅首相、一切説明せず [祀事]



 己の延命に不都合な出来事は口にチャック、顔に泥をぬられた松本には、腸が煮えくらがっているのだろう。口にだすのもはばかれる心境なのだろう。だから、完全無視を決め込んでいるのである。

 どっちもどっちだ。


◇ 松本龍復興相が辞任 就任9日、被災地問題発言で引責

◇ 復興相任命わずか9日目 松本氏、スピード辞任

◇ 復興相辞任:岩手知事厳しく批判「首相は任命責任明確に」

◇ 松本復興相辞任:政治迷走うんざり 「とにかく復興を」

自民党宮城県連が抗議文「心を踏みにじる発言」 何故やめない松本、えらぶるだけの小心小物政治家は即刻辞職しろ! [祀事]



 復興担当大臣などのポストは無用だ。今回の事件で明らかだ。土建屋のボンボンをいつまでこんな地位においておくのだ。税金の無駄遣い以外に何物でもない。

 松本を正当化する理由、擁護する発言をする評論家のふがいなさ、腑抜けにもあきれた。

 自民党の政局利用に大賛成だ!どんどんやれ!

復興相発言に一斉反発 「暴言」「辞任を」「命令口調」 [祀事]



 松本龍復興担当相が東日本大震災の被災地で「知恵を出さないやつは助けない」などと発言した問題で4日、野党や被災地から一斉に批判の声が上がり、辞任を求める声も出始めた。

 自民党の逢沢一郎国会対策委員長は「暴言以外の何ものでもない。職を首相に解いてもらわなければならない事態に発展するかもしれない」と記者団に述べた。同党幹部の一人は「辞めるしかない。辞めないと予算委員会どころではない」と語り、国会審議に影響するとの考えを示した。

 自民、公明両党は民主党との幹事長会談で「被災地の気持ちを考えてほしい」(石原伸晃・自民党幹事長)、「発言は無神経」(井上義久・公明党幹事長)と批判。民主党の岡田克也幹事長は「発言が突出しているように思う。大臣にその旨を伝える」と答えた。

 一方、村井嘉浩・宮城県知事は記者会見で「国と地方自治体には主従関係はない。命令口調でなく、互いの立場を尊重した話し方のほうがよろしいのではないか」と不快感を示した。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。