So-net無料ブログ作成

【放射能漏れ】放射線量1ミリ・シーベルト超は福島県東部のみ 2か月間で一般の人が被曝ひばくした放射線量の概算結果を国の原子力委員会に報告 [放射能汚染]

放射線量1ミリ・シーベルト超は福島県東部のみ
2011年6月28日20時27分 読売新聞

 「もんじゅ」に多大なる金をかけても実用化のメドが見えないまま存続する日本原子力開発機構。将来の自分のところの研究の行く末も予測できない組織に、まともな放射線量の測定などできるはずがない。案の定公表された結果は噴飯もの。ここまでひどいレポートにあきれ返ってもうなにも言ううことはない。それにしても、想像力も無い、おまえら税金で何を研究して、何を測定してるのだ、といいたい。

 あの半径20キロ、30キロ内の人を避難させ、いつ戻れるかのあても示せないほど、汚染されている現状を何もご存じないらしい。そこまでいうなら、福島第一原発の近くに、日本原子力開発機構の事務所を移し、安全性をアピールすることが先決ではないのか。

 電力会社の片棒を担ぐならば、電力会社から金を恵んでもらって研究すればいい。税金の使用は絶対に反対だ。
******************************************************************************************************************
日本原子力研究開発機構は28日、東京電力福島第一原子力発電所事故発生から2か月間で一般の人が被曝ひばくした放射線量の概算結果を国の原子力委員会に報告した。

 一般人の年間の線量限度の1ミリ・シーベルトを超えたのは、立ち入りが制限されている警戒区域など福島県東部の一部にとどまっている。

 一方、その10分の1から100分の1の水準(0・10~0・01ミリ・シーベルト)の地域は、岩手県から静岡県付近にかけての広い範囲に及んだ。同機構では「試算は、1日24時間野外にいるとの仮定で求めており、実際の被曝線量はこれよりも相当低い」と説明している。
******************************************************************************************************************
◇ 放射性物質:6~16歳尿からセシウム 福島市民団体調査
  毎日新聞 2011年6月30日 20時26分

ドリカム、被災地4県で無料ライブ開催へ [トレンド]

ドリカム、被災地4県で無料ライブ開催へ
オリコン 6月29日(水)11時36分配信

DREAMS COME TRUEが8月19~21日の3日間、東日本大震災の被災地、岩手・宮城・福島・茨城の4県で無料のアコースティックライブを行うことがわかった。これまで、「何度でも」の着うたフル無料配信、ポジティブな歌詞の楽曲を集めた復興支援ベスト盤『THE SOUL FOR THE PEOPLE ~東日本大震災支援ベストアルバム~』(29日発売)から得られるアーティスト収益を被災地へ全額寄付し続けることを表明していたドリカムが、今度は直接歌の力を届けにいく。

*******************************************************************************************************************
言葉だけの支援から直接語りかける活動を繰り広げるらしい。素晴らしい。〝未来予想図〟がふさわしいのだろうか。


東電が公開しない“隠し電力”とは…アテにならない「でんき予報」 [警鐘]

東電が公開しない“隠し電力”とは…アテにならない「でんき予報」
2011年06月29日17時00分
提供:ZAKZAK(夕刊フジ)

 この記事のポイントは、

そこで、元東京農工大教授(電力システム工学)で日本クリーンエネルギー総合研究所理事長の堀米孝氏に聞いた。堀米氏は「停電の可能性はゼロではない」としつつも、こう話す。

 「理論上は、需要が供給を上回った時点から電圧、周波数が下がり始め、発電、輸送双方が正常に作動しなくなり、停電のリスクは高まります。ただし、もともと『でんき予報』のピーク時供給量は余裕を持った数値であるうえ、夜間の余剰電力を利用した揚水発電の数値は供給量の中にほとんど含まれておらず、100%で即停電とは極めて考えにくい」

 東電の「供給力」には実は十分な余力があるというのだ。

 「しかも、東電にはまだ『供給力』に含んでいない、いわゆる“隠し電力”もあります」(同)

(中略)

 実際、東電関係者は、「公開している『本日のピーク時供給力』は、東電が決めた目安に過ぎず、本来の供給力とは関係ない。節電意識を促すために恣意的に下げていると指摘されても仕方がない」と内情を明かす。
******************************************************************************************************************
 やはり、一連の節電のお願いキャンペーンは、原発稼働態勢を維持するための世論操作のためのはた迷惑なキャンペーンなのである。中部電力も関西電力も事情は同じ。
 〝節電〟の次は、料金の値上げという〝煽り〟で原発稼働を促すはずである。だまされたはいけない。原発事故が発生したら、その損害費用、放射能の放出防止措置も含めたら、どちらがコストがかかるのか、明白でないか。どうにも算数もできない連中が、声を同一にして原発維持を叫んでいるのである。これまでの利権を、なにがあっても手放したくないらしい。

◇ 関電 15%の節電が必要とされるも単純換算で余力はまだある
   NEWSポストセブン 2011.06.28 16:00

【シドニー】ママが世界の中心、コアラの赤ちゃんが人気を集めている 思わず和む親子姿だ! [自然]



 コアラの赤ちゃんが生まれ、「ブーンダ」と名付けられた。お母さんに抱きついたりしがみついたりする様子が来園者を和ませている。いずこも、どの動物も赤ちゃんは可愛い。思わず、ほほえみを誘ってしまう。

西山審議官を更迭 保安院、週刊誌で女性問題報道「報道業務に支障」 〝想定外〟の出来事だ [事件]



 わが身に降りかかった問題は、「問題ございません」、「直ちに影響ない」とはいかなかった。脇が甘かった。国もこの〝風評被害〟については、全くの〝想定外〟であったようだ。


◇ 西山審議官担当外し 枝野長官「公務に支障与えぬため」
  産経ニュース 2011.6.29 21:22

【女子テニス】“かわいすぎるテニスプレーヤー”美濃越舞が吉本入り [美女アスリート]



 美女アスリート歓迎!日本にもシャラポア並みの話題性がある美系プレイヤーが出現すると、ぐっと盛り上がる。


◇ 【ウインブルドン】シャラポワ、リシキが4強
  産経ニュース 2011.6.29 01:35

手付かずの自然に新種が1060種、ニューギニア島 [自然]



 ニューギニア島は、アマゾンとコンゴに次いで世界で3番目に大きい熱帯雨林を抱える。WWFによると、地表面積は地球全体の0.5%に過ぎないが、世界の生物種の最大8%がここに生息しているという。

 まだまだ知られていない生物がいそうだ。開発から守る必要があり、世界遺産なんどには登録せず、保護すべきだろう。興味本位の観光客は保護のため、環境維持のために排除すべき土地があってもいい。

シャラポワ、5年ぶり8強=クルム伊達はダブルス3回戦進出―ウィンブルドンテニス [美女アスリート]

シャラポワ、5年ぶり8強=クルム伊達はダブルス3回戦進出―ウィンブルドンテニス
時事通信 6月28日(火)1時6分配信

 【ウィンブルドン時事】テニスのウィンブルドン選手権第7日は27日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス4回戦で第5シードのマリア・シャラポワ(ロシア)が第20シードの彭帥(中国)を6―4、6―2で破り、4強入りした2006年以来5年ぶりの準々決勝進出を決めた。
 3連覇を狙った第7シードのセリーナ・ウィリアムズ、過去5度優勝で第23シードのビーナス・ウィリアムズ(ともに米国)、第1シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)は4回戦敗退。主催者推薦のザビーネ・リシキ(ドイツ)は2年ぶりの8強入り。
 男子シングルス4回戦では全豪覇者で第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と、第4シードのアンディ・マリー(英国)が、ともにストレート勝ちし、8強入りした。
 女子ダブルス2回戦ではクルム伊達公子(エステティックTBC)張帥(中国)組が※(※=簷の竹カンムリを取る)詠然(台湾)モニカ・ニクレスク(ルーマニア)組にストレート勝ち。 
*****************************************************************************************************************
ウォズニアッキは敗退したが、シャラポアが8強に残った。伊達の頑張りもまだ見られる。


【放射能漏れ】15住民の内部被ばく確認 福島2町村、微量セシウム [放射能汚染]

15住民の内部被ばく確認 福島2町村、微量セシウム
産経ニュース 2011.6.27 01:12

 内部被曝をやっと認める記事が出だした。これまで無視して、内部被曝に至らされた責任を国は感じているのだろうか。国会を福島でやればいい。

◇ 福島滞在、4割内部被ばく

本当に原発停めろ!でいいんですか? 即刻停止に決まっているだろう!!! [原発事故]



 なんともバカな議論をページを割いて述べている。
 原発とエネルギー問題を混同してはいけない。
 原発はたかだかお湯をわかす機能だけだろう。それもエネルギー効率でいえば3分の2を海水を温め海に捨て、地球温暖化に大きく貢献し、電力に変換されるのは残りの3分の1に過ぎない。なんともムダな仕組みであることか。

 お湯沸かす燃料に危険このうえないモノを使い、その最終処理の技術も確立されていない、トイレのないマンションと呼ばれる中途半端な技術を後生大事に保護しようする考えが全くわからない。また使用済み燃料=放射性物質の処理を後世に負担をかけ、日本を、人類を滅亡に導くかもしれない燃料をつかことはないという結論である。

 原発停止して電気をどうするというが、別に最低限の電力があればどうにでもなる。また、今の原発に固執しているかぎり新たな発想の電力エネルギー技術開発はないだろう。あえて古い技術である原発を捨てなければ、次の時代を担う技術開発の発想も生まれない。

 明日の電気をどうするかの議論ではなく、この日本を放射能に汚染されないきれいなまま次の世代に引き渡すことが、現在の大人たちの最大の責務ではないのか。
 各種評論家、学者、言論人が何を言ってるのかは知らないが、今やらなければならないことは、原発選択の間違いを認め、電力確保のための大胆な方針転換を、目の前の個人の利益優先ではなく、今の青年、子供たち、将来日本に生まれて来る子孫に、放射能リスクのない日本を残すために、国を挙げて新エネルギー技術開発を推進する転換点に立っているのである。

 尚、全原発を停止しても電力不足はない、という情報もある。自家発電設備が、予測以上に普及しだしたことと原発のために休止させられていた火力発電、ガス発電を復帰稼働させれば問題ないという、情報である。結果はもうすぐでる。

 電力業界はあの手、この手を使って、今夏の電力不足キャンペーンを展開するだろうが、これは原発を電力供給のための必須設備として残しておきたいための電力業界の悪あがきに過ぎない。

 我々は騙されてはいけない、放射能に怯える土地で、地震のたびの原発事故の危険リスクを負いながら生活するのと、多少の電力不足に我慢しても放射能リスクに怯えない生活のどちらがいいのか、結論はとっくにでている。
 原発を今後も残そうという議論はもうやめた方がいい。あまりにも不毛な議論であるから。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。