So-net無料ブログ作成

【尖閣諸島】中国軟化はポーズ 与那国島と下地島に自衛隊展開を、元空将が提言 [警鐘]

 沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件をめぐり、中国側が「日中関係を重視している」と、やや譲歩するような姿勢を見せ始めた。「弱腰・屈辱外交」「売国奴」と批判される菅直人首相(63)には朗報に聞こえるだろうが、全体主義国家・中国を甘く見てはならない。尖閣諸島を含む、沖縄・南西諸島地域の領空を守る航空自衛隊南西航空混成団司令を務めた佐藤守・元空将を直撃すると、中国のしたたかな野望を指摘。対抗策として、与那国島や下地島への自衛隊展開を提言した。
(中略)
 「尖閣諸島に陸上自衛隊の守備隊を置く手もあるが、さすがに中国を刺激する。そこで、まず尖閣に近く、日本列島最西端の与那国島に陸自の監視所を設置する。与那国島は自衛隊誘致をしており、地域活性化という大義もある。続いて、3000メートル級の飛行場を持つ下地島に航空自衛隊の1個飛行隊を置く。これで、中国は尖閣に手を出せない。日本には能力はある。菅内閣に領土領海領空を守る覚悟があるかだ」
(以上 夕刊フジ 一部抜粋 2010年9月29日(水)17時0分配信)
全文は、
 中国軟化はポーズ 与那国島と下地島に自衛隊展開を、元空将が提言

 これは大胆な提言であるが、中国はどのような反応を示すだろうか。しかし、日本の領土を主張しているのだから、具体的な抑止力を見せる必要があるだろう。政府も検討を始めたようだ。



 
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

通りすがりです

 このコメント、もしかして、最近関連ニュースに書き込みさせていただいていたら、重複をお許しください。

 今回の尖閣諸島の件、中国にも腹が立ちますが、私は日本のマスコミにも腹が立っています。
 なぜかというと、今回、中国が日本の横っ面を札束で張るような真似をしているのは、日本のマスコミの多くが、自民党贔屓のスポンサーの圧力に負けて、自民党が喜ぶような報道ばかり繰り返しているからでは?と思うからです。
 「日本は、マスコミでさえ、札束に目が眩んでいるような国」という印象を、中国が持ったから、今回のような行動に出た?と思うんですね。

 今回の件で、マスコミの中には、自民党の議員や自民党贔屓のコメンテーターをニュース番組等に呼んで、相変わらずの、民主党に対するネガティブキャンペーンを繰り返しているところがあります。
 例えば、沖縄の検察が船長を釈放したことについて、「民主党政権の働きかけがあったはず」みたいな発言が出ると、それを大きく取り上げたりします。

 ストーリーの捏造さえするかも?という疑惑を持たれている検察が、これ以上世間から責められたくないと思ったら、独自の判断で船長を大目に見た可能性も、大いにあると私は思うのですが…。(「中国と対立して経済はどうなる?」と、つい最近までマスコミは騒いでいましたからね。)
 あるいは、小沢さんの件などを考えれば、自民党関係者と癒着があるかも?という疑惑もある検察ですから、もしかしたら、自民党関係者に唆されたという可能性もあるかな?
 「民主党を困らせろ」とかなど言われて…?(検察を国会に呼ぶ計画があるなら、その辺りのことも、追求して欲しいと思います。)

 と書いていて思ったんですが、一方で、検察の不祥事に関する報道が、今一及び腰に感じられるのは、やはりスポンサーの意向と何か関係があるのでしょうか?

 それに、オバマ政権が、事実上尖閣諸島を日本の領土と認めていることについての言及も、少ないと思うのですが、それも民主党に対するネガティブキャンペーンの一環?
 
 日本のマスコミの多くが、こんなことを繰り返していたら、日本は更に、中国に舐められるのでは?と思います。
 私は、日本のマスコミの多くは、この件で民主党政権を責める資格がないと思います。
 日本のマスコミは、まず自分達の今までの行いを、猛省して欲しいと思います。


追伸  検察で思い出したんですが、例の押尾被告について、検察は控訴しない方針と聞きました。
 判決は、原告側の求刑より軽かったはずと思うので、通常だったら、こういう場合、検察は控訴しそうに思うのですが…。
 押尾被告には、女性社長だったかな?政財界に顔が利きそうな、有力者のパトロンがいるとか聞いたことがあります。もしかして、その影響なのでしょうか…?

 今朝のNHKのニュースで、押尾被告の件の裁判員だった人が、
「原告被告双方の医師の発言が異なったので、素人の裁判員には、ああいう判決しか出しようがなかった。」
という意味の発言をしていました。
 NHKが、裁判員から、こういう発言を引き出して報道した、というのも、何か異例のように感じられます。(NHKの現在の会長は、財界出身者で、そのせい?NHKの報道も、自民党寄り?と思えることが、時々あります。)

 検察は一体どうなっているのか?国会の場で、追及して欲しいと思います。
 それから、裁判員制度ですが、廃止の検討も含めた、再検討が必要では?と思います。

by 通りすがりです (2010-09-30 08:36) 

kiyo-niwa

「通りすがりです」さん、コメント有難うございます。
何点か「kiyo-niwa 」の考えを書かせていただきます。
マスコミ報道について、
<日本のマスコミの多くが、自民党贔屓のスポンサーの圧力に負けて、自民党が喜ぶような報道ばかり繰り返しているからでは?>と
<検察の不祥事に関する報道が、今一及び腰に感じられるのは、やはりスポンサーの意向と何か関係があるのでしょうか?>
についてですが、私は「記者クラブ制度」の弊害であると思っています。中国漁船衝突事件、特捜証拠改ざん事件について、マスコミに流されるニュースソースは、記者会見であってもすべて、行政官僚たちが流すものに限定されます。どちらも事件の当事者からの〝直接の〟取材はないということです。つまり世論操作を目論む官僚たちからの情報を鵜呑みにして垂れ流している、というのが現在の大マスコミの姿であると思っています。そしてコラムなどで、ある一方に肩入れする報道を行う理由は、その会社と官僚組織、与党との利害関係があるからだと推測します。

 中国漁船衝突事件では、ビデオも公開してませんから、正直、真相は闇の中であると思っています。ビデオにしても、都合のよいところだけで編集してしまえば、真相はゆがめられてしまいます。どちらにしても、状況証拠性の高いものを明らかにしないで、マスコミが一方的に、ナショナリズムを煽る報道には、何か府に落ちないものを感じますが、商売上やっているのかなと思います。「記者クラブ」記者は、自分の足で取材しないで、官邸・各省庁にぶら下がって、情報をもらって報道する姿勢が、各社画一的、同質の報道になると思っています。

 特捜証拠改ざん事件も、電光石火の前田の逮捕のため、本人からの直接取材が全くできず、検察からの一方的な垂れ流し情報を、日々、マスコミは報道しているだけです。何を狙いに、流しているかは、事件の着地点を世論・政界の反応を見ながら流していると、思っています。その目的は、検事総長の引責辞任を避ける、という一点にあると思っています。検察には、さまざまな世論の反応をさぐるための情報が用意されていて、着地点をさぐるべく小出しにしていると思っています。記事の見出しを追っていくと、一目瞭然です。マスコミが検察よりの報道にみえるのは、ニュースソースをもらってる立場であるから、仕方がないことです。反検察キャンペーンを張った途端、検察庁の「記者クラブ」から除名されてしまいます。これも利害関係からの恣意的な報道姿勢に成らざるを得ないと思っています。

 さて、最大の謎である、あの「反小沢キャンペーン」ですが、これは調べれば調べるほど様々な要因が絡んでいるようです。単純に誰かが裏で糸を引いているという構図ではなさそうです。問題は、何故、マスコミもこのキャンペーンの片棒を担いだのかです。
 検察の西松事件・陸山会事件・政治資金収支報告書記載事件と立て続けに集中砲火を浴びせ、小沢城の落城を謀ったが、落城させることができなかった。但し、この間の「小沢=悪」というイメージの創成は、マスコミを使っての世論誘導に成功した。何故、検察は小沢氏にこだわり、マスコミはこれに乗ったかである。小沢氏は自民党時代、田中角栄、金丸信に連なる土建屋型金権政治家とみなされ、その集金力を胡散臭く考えていた検察に睨まれたのである。ずっと尻尾をさがしていたが、その尻尾が西松事件であったと思う。マスコミは、検察が動き出した事案で、ターゲットが小沢一郎、正義の味方である検察の広報担当〝記者クラブ〟マスコミが一斉に、捜査開始→逮捕→有罪→辞職、という構図を描き、利害関係は今後なし、と判断と各マスコミの政治部責任者、編集責任者が新人のころ、小沢氏に取材を申し込んでも、相手にしてもらえず〝門前払い〟の扱いを受けたことに対する〝私怨〟が絡んで、「反小沢キャンペーン」が繰り広げられたとする情報がありました。どこまで真実かはわかりませんが、一理あると思っています。

 最後に、米国オバマ大統領の尖閣諸島海域に対するスタンスですが、
<民主党に対するネガティブキャンペーンの一環?>
との御指摘ですが、これは米国の国内事情によるものであると思います。米国がこの問題に深入りしたくない理由は、米国の財政事情で、財政を支える米国国債の大スポンサーである中国を刺激したくないという政治的思惑が働いたからであると思っています。現在の中国の米国への最大の武器は、米国国債の売却をチラつかせることです。中国はしたたかですから、「元」の切り上げはノラリくらりかわし、日本の国債、「円」を買っているといううわさも聞きます。
 米国は日本の尖閣問題に絡んでいる余裕はないと思いますし、安保条約の履行も期待しない方がいいと思います。

 脈絡もなく思うままにかきました。今後ともよろしくお願いします。
by kiyo-niwa (2010-09-30 14:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。